伊藤仁士容疑者の家柄が半端じゃない、祖父は「安倍晋太郎」の金庫番!

シェアする

今月の17日、大阪市住吉区に住む小学6年の赤坂彩葉(12)さんを誘拐したうえ、小山市の自宅に連れ込んだ事件の容疑者伊藤仁士(35)。
伊藤容疑者の家庭環境など、新たに事実が明らかになってきました。
事件のおさらいをしながら、伊藤容疑者の華麗な家庭環境などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件のおさらい

事件の詳細は、

出典:MBS

栃木県小山市の伊藤仁士容疑者(35)は、SNSを通じて知り合った大阪市住吉区の小学6年の女の子(12)を、11月17日に自宅に誘拐・監禁した疑いが持たれています。

警察によりますと、女の子は11月23日午前、伊藤容疑者が寝ている隙に逃げ出し、3時間半後に交番で保護されました。その後、伊藤容疑者が自宅から車に乗って出て来た所を、張り込んでいた捜査員が見付けて、しばらく追跡して身柄を確保しました。その際、伊藤容疑者は「女の子がいなくなったのに気付き車で捜した」と話していたということです。

MBSより引用

出典:SMB

ということでした。

その後、伊藤容疑者に関しての色々な情報がメディアで報道され、生い立ちなど新たな事実がわかってきました。

ネット上では伊藤仁士容疑者のSNSや動機、手口などが話題となっています。

伊藤仁士の顔画像あり!SNSや動機、手口、別件誘拐の判明!大阪市、赤坂彩葉さん誘拐犯人逮捕!

スポンサーリンク

伊藤容疑者の生い立ち

出典:SBM

伊藤容疑者は5歳くらいまでは東京・新宿に住んでいたようです。

しかし、父親が運転するクルマで事故を起こし亡くなられことをきっかけに、母親と家族は栃木に移り住んだのです

この事故で父親は病院に運ばれる前に死亡したということですから、かなり激しい事故だったのでしょう。

母親ときょうだいと栃木に移り住んんだ伊藤容疑者は、ごく普通に生活をしていました。

小・中学校は地元の学校に進んでいます。

中学生時代の伊藤容疑者は成績優秀、剣道の腕前は超一流とエリーコースを歩んでいました。

出典:産経新聞

しかし合格当たりまえ!といわれていた、公立トップ高校が不合格という結果になります。

このことから、伊藤容疑者の様子が変わってきたよう?

とりあえず宇都宮短大付属高に進学します。

自分の思い通りの人生の脱落からか、やがて引きこもり状態になっていったといいます。

報道によると、伊藤容疑者は長く引きこもりだったと報じられています。

また1年ほど前から祖母の介護のために母が家を出て、伊藤容疑者は一人で暮らすことになります。

それが、監禁事件の舞台になった、あの2階建ての家だったのです。

出典:SBM

そして今回の“少女連続監禁”事件となっていったのでした。

スポンサーリンク

父親は医師、祖父は「安倍晋太郎「」金庫番

出典:TBS「華麗なる家族」最終回

伊藤容疑者は「華麗なる家族」の一人だったのです。

祖父はかなりの実力者で、

「仁士の祖父は五十男と言います。会社員です。確かに安倍晋太郎さんの秘書は10年ほどやっていました」

 こう証言するのは、仁士容疑者の父の弟、つまり叔父にあたる人物だ。

五十男氏のことは、安倍家と親交のある、元山口新聞東京支局長の濱岡博司氏も記憶しているという。晋太郎元外相の資金管理団体のひとつを仕切っていた人物だといい、

「最も集金力のあった晋和会の秘書代表が伊藤だった。ガッチリした体躯でね。金儲けが上手で金庫番と言って差し支えないでしょう。会社員? う~ん、もともと山口の農協トップの秘書を務めていて、頭角を現して晋太郎さんの秘書に収まったんです」(濱岡氏)

デイリー新潮引用

といことです。

みなさんもご存じの通り、「安倍晋太郎」氏とは、安倍晋三総理大臣のお父様のことです。

「安倍晋太郎」氏は全盛期には時期、総理大臣と期待されたほどの政治家。

残念ながら夢半ばで他界されましたが、政界の中ではかなりの権力者だった方です。

その金庫番をしていた祖父の五十男氏という人は、想像もできないほど凄い方だったといえます。

祖父の五十男氏の影響力が大きかったために、伊藤家は没落していったのかもしれません。

伊藤容疑者の父親は医師です。

これにも祖父五十男氏の権力のたまものか、

「当時、私立大学振興政策のため、自民党の代議士は各私大の担当を持っていました。晋太郎さんは71年にできた愛知医科大を受け持っており、その繋がりもあって、72年に秘書の息子が二人そこに入学します。そのうち一人が伊藤五十男の息子、(仁士容疑者の)父です。ただ、医師国家試験になかなか受からず、色々あって自殺されたと聞いています」

取材によって、仁士容疑者の父は85年卒だとわかった。亡くなったのはその3年後である。入学から卒業までの13年間をどう過ごしたのか……。

デイリー新潮引用

これって、もしかして伊藤容疑者の父親は医大へ裏口入学?

ただ単にクルマの事故で亡くなられたにではなく、プレッシャーからの自殺?

祖父の五十男氏という偉大なる人間が、伊藤容疑者やその父親のトラウマになってしまったことは否めないでしょう。

大物政治家の金庫番を務めた祖父を持つ身の彼の人生の歯車は、いかにして狂っていったのでしょうか?

ひとつには、“父の死”(自殺?)の影響があったのか?

このような家庭環境が伊藤仁士という容疑者の人格を形成していったのかもしれません。

また新たな情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネット上では様々な意見がでています。

こじつけを週刊誌は面白おかしく書くが、悪いのは成人を過ぎた本人であって、家族構成まで突っ込むのはいかがなものか?書いてる記者も素晴らしい家庭環境で育ち、何も知らず思春期を過ごし世間体よく過ごしたのか?その結果がこの記事レベルだったら大笑い。日本は今日も平和な訳だ。ご苦労さん

トラウマある人は他に山ほどいる。
自分だけが辛く不幸なわけじゃない。
いつも笑顔で優しい人だって過去は色々あったり…
逆に辛く苦しい思いをしてきた人は人には優しく人の気持ちがわかる人間になると思うけど。

父親よりも、残された母親との関わり方の方が重要だと思う。たとえ高校受験に失敗しても、母親が前向きに励ませば彼も前を向けたと思う。

凄いなと感心してしまいます。こんなことまでして政権批判に繋げたいのか?責任は本人にあるのに祖父とかまで持ち出して死者に鞭打つ行為に感じます。売るためとはいえ呆れます。

でもこの男の妹さんはちゃんと医師になられたときく
なぜ他のきょうだいは事件起こしてないんでしょーね

Yahooニュースより引用

ネットでは、伊藤容疑者の家族を引き合いに出しているとの厳しい意見が多いようです。

ネット上では伊藤仁士容疑者のSNSや動機、手口などが話題となっています。

⇒伊藤仁士の顔画像あり!SNSや動機、手口、別件誘拐の判明!大阪市、赤坂彩葉さん誘拐犯人逮捕!

まとめ

どんな家庭環境だったとしても、伊藤容疑者に関しては35歳になるまで何をしてきたの?

甘ったるい人生を生きられて幸せだったね!といいたいです。

罪を償って、

まともに身体を使って働け!

残りの人生を全うに生きろ!

この記事をお届けした
Freedom Trendyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!