「扇荘別館」横浜市簡易宿泊所火事の原因、場所の特定!140名宿泊客の状況は?

シェアする

衝撃的なニュースが入ってきました。

4日、早朝6時15分、神奈川県横浜市中区の簡易宿泊所で火災発生!

火事があった簡易宿泊所は「扇壮別館」です。

当時この簡易宿泊所には約140名が宿泊しており、2人が死亡13人がケガという犠牲者を出しました。

この火事の詳細や火事の原因、現場、その時の宿泊客たちの様子などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

Contents

火事の詳細

出典:NNN

出火が朝方ということもあり、多くの宿泊客がまだ眠りについていたことでしょう。

警察と消防によると4日午前6時過ぎ、横浜市中区の簡易宿泊所「扇荘別館」で2部屋が全焼し、廊下やトイレなど合わせて82平方メートルを焼く火事があった。消防が駆けつけ火は約1時間後に消し止められたが、この火事で2人が死亡し、13人がケガをした。当時、この簡易宿泊所には約140人が宿泊していて、建物の5階の部屋から出火したとみられている。

警察と消防は火事の詳しい原因を調べている。 

NNNより引用

出典:NNN

火事は7時15分に鎮火しました。

館内放送で火災が起きたことを知った宿泊客がほとんどだったようです。

約140名が宿泊していたということは、もっと大きな参事になる可能性もありました。

この簡易宿泊所には、ここで生活をしていた人たちもいたようです。

出典:You Tube

出火の原因は?

出典:NNN

現段階では警察と消防が火事の詳しい原因を調べているので、はっきりとした原因はわかっていません。

しかし5階の部屋が火元と見られており、もしかしたら出火の原因はたばこの消し忘れ

ただ最近では全室禁煙となっている施設が多いと思われるので、スマホのバッテリーからの出火ということも考えられます。

この階には足が不自由で、手押し車を使っていた人も住んでいたといいます。

犠牲になっていないか心配です。

詳しい出火の原因などわかり次第、追記していきます。

宿泊客たちの様子は?

出典:NNN

簡易宿泊所の住人の証言

「警報機で目が覚めた、それまでは熟睡していた。最初火事を見たときは、黒い煙がぶわ~とぶわ~ぶわ~と南側に向かっていた。」

NNNより引用

そのほかにも当時の恐怖を語る客たちの証言

6階の部屋に宿泊している72歳の男性

「部屋にいたら館内放送が入り火災が起きたことを知りました。足が悪いのでしばらくしてから部屋の扉を開けたら、廊下に煙が充満していて窓の外も煙が立ち込めていました」

「煙が入らないようドアや窓を閉めて部屋の中にいたら消防隊員が来てくれて、おんぶしてもらって外の非常階段から逃げました」

NHKより引用

10階の部屋に宿泊している80代の男性は

「サイレンが鳴って避難して下さいという呼びかけがあったが、エレベーターが止まっていて、自分は足が不自由なので逃げられないと思ってあきらめた。下から黒い煙が上がってきていた」

NHKより引用

さらに

「自分は2年前からここに住んでいるが、今回火事で亡くなった人かどうかは分からないが、5階に住んでいる人の中にも足が不自由で手押し車を使っていた人がいた」

NHKより引用

みなさん、こんなことは初めてと火災の恐怖を語っています。

宿泊客たちの証言からすると、この簡易宿泊所には何人か足の不住な方々が住んでいたようです。

宿泊客の年齢層が高かったのかも?しれないですね。

「扇壮別館」の場所

出典:NNN

現場はJR石川町駅から西に約500メートルで、簡易宿泊所が数多く並ぶ場所です。

入り口はまるで、普通のマンションのようです。

この辺の簡易宿泊所の宿泊料金は、平均2,000円前後のようです。

1ケ月滞在したとしても料金は60,000円くらいでしょうね。

ビジネスホテルより安いかも?

ちなみに「扇壮」はこのあたりに本館・新館・別館があるようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネット上では様々な意見がでています。

140人って正月休みだから多いなぁ。

典型的なドヤ街の宿だから、防災設備もずさんだし客のその辺の意識も当然低くなってる。

寝たばこ?

Yahooニュースより引用

Twitterでは

まとめ

このあたりは、ネットの書き込みにもあったようにドヤ街で有名なところらしいです。

「扇壮別館」にも日雇い労働者の方々が宿泊、もしくは住んでいたことでしょう。

警察、消防には死亡した方やケガをした方のためにも、出火原因の判明を急いで頂きたいです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

この記事をお届けした
Freedom Trendyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!